Top > Marketing

Marketing DataとDMP/CDP



Marketing Data

自社内のデータ、オープンデータ、定期購入しているデータ、マーケティングリサーチのデータ、広告出稿に伴うデータ。
マーケティングに関わっていると多様な種類の膨大なデータを取り扱うことになり、大変な思いをしている人が多くいるのではないかと思います。

欲しいデータにありつけなかったり、適切なデータ選択が出来ずに失敗したり、時間が足りなくて活用しきれていなかったり、データハンドリングスキルが不足して分析できずにいたり、データを入手出来ても有益なインサイトを導くことが出来なかったり。。

解決したい課題に対して、適切なデータを選択し、そのデータを入手し、データハンドリングし、得た結果を正確に理解し、アクションに繋げて、ビジネスを成長させるというのは極めて時間がかかり難しいことです。

以下に主なマーケティングデータを簡単にまとめてみました。
主なマーケティングデータ 主なマーケティングデータ
分類に関しては他にも色々あるかと思いますが、ここでは以下のようにしてみました。

  • Owned:自社で保有しているデータ
  • Open Data:官公庁提供のデータや無料で取得できるデータ
  • Paid Data:事業者が保有する有料のデータや有料のツールで取得できるデータ
  • Marketing research:主にマーケティングリサーチ会社提供するデータ
  • Advertisements Data:広告媒体社への広告出稿に伴うデータやその計測データ

  • これだけでもたくさんのデータ区分がありますが、さらに複数のデータソース(提供会社)が存在し、複数のデータソースにまたがる分析をする際はその共通Keyが必要になったりと大変です。

    DMP / CDP

    最近ですと、DMP (Data Management Platform)やCDP (Customer Data Platform)といった、データ集約基盤 (統合データベース)を開発する動きが、多くの大手企業内にあります。
    以下のようなイメージです。

    データ集約基盤:DMP データ集約基盤:DMP

    DMPに集約したデータを、BIツールで可視化したり、DBからデータを抽出をしてシームレスに分析をしたり、Cookieやその他ユーザー情報をDSPに流すことで精緻なターゲティングをしたり、様々なデータ活用が可能です。


    Data Cooking Labでは、上述したようなマーケティングデータを取り扱う上での課題解決やデータ活用をサポートしていきます。




    Ads by Google