Top > Python

エクセルとPythonの関数の比較



エクセルが大好きな皆さんこんにちは。
今時の多くのビジネスパーソンや大学生はExcelでの作業に慣れていることかと思います。

Excelの良いところは、
  • 何より普及しまくっている(誰でも使える前提)
  • 全体的に直感的に使える
  • 条件付き書式やグラフで可視化が簡単
  • ピボットテーブルが非常に便利
  • わからないことがあってもネット情報に情報が大量にある

  • 逆に良くないところは、
  • 重い
  • 手が滑ってセルの値を書き換えてしまう(元ファイルの毀損)
  • 作業履歴が残らないので意図的な手動(非関数)作業内容が不明
  • セルごとに関数が柔軟に入れられてしまうため、イレギュラーに気が付かない
  • 元データをアップデートした際に手間が掛かる
  • ありものの関数しか使えない
  • Excel以外のフォーマットへの参照が(基本的には)出来ない(csvを除く)

  • こうしたExcelの良くないところをPythonで補完が出来ます。つまり、必要に応じてExcelとPythonを使い分ければ良いわけです。
    徐々にエクセルからPythonに移行しましょう!

    特に定期的に発生する面倒な集計でPythonによるデータ集計が力を発揮するように思います。
    そこで、まずはExcelとPythonで関数の扱い方がどのように違うかをサンプルデータをベースに紹介しようと思います。

    ■サンプルデータ:光熱費データ
    サンプルデータ:光熱費データ サンプルデータ:光熱費データ

    サンプルデータには、AさんとBさんの2017年分の光熱費が月次で記録されています。
    以下に、上記のデータを元にExcelの場合とPythonの場合で、記述がどのように違うのかまとめました。
    ※Pythonでは様々なライブラリが存在しますが、今回はデータ分析でよく用いられるPandasのデータフレームを使って代表的な関数をまとめました。

    Excelはセルベースの構造になっている一方で、
    Pandasはカラム(とインデックス)ベースの構造になっていることが大きな違いです。

    ■エクセルとPythonの主な関数と機能の比較表

    None